企業を拡大させよう|M&Aのメリットを分かりやすく解説

大きな利益を得るために

ビル

成功に至るための秘訣

M&Aを行うメリットとして大きく2つ挙げることが出来ます。まず1つ目は規模の拡大です。買収する会社が持っていた顧客や技術、商品などをそのまま自社に組み込むことが出来るので比較的容易に事業規模を大きくすることが出来ます。2つ目は時間の削減です。新たな事業を始めたり、既存の事業を成長させるには膨大な時間が必要になります。しかしM&Aでは手間をかけることなく、一気に事業を伸ばすことが可能です。それではM&Aのメリットを最大化させるためには、どのようにしてM&Aの相手方を選べば良いのでしょうか。まずは優れた仲介業者を見つけることが大切です。膨大な企業が存在している中で理想的な会社をピンポイントに見つけることは非常に困難であり、見つけたとしても上手く交渉を進めなければ成功に至ることはないからです。特にM&Aを初めて行う場合は仲介業者が必要になります。仲介業者を選ぶ際は、その仲介業者が得意としている業界と案件の規模、そして過去の実績を参考にすることが大切です。また優れた仲介業者を見つけたからといって、すべてを仲介業者に丸投げしてはいけません。M&Aが成功しても、後から派閥が生まれたり内部分裂が発生する可能性があり、そうなるとM&Aのメリットが受けられません。M&Aを実際に行う前から、仲介業者と共に相手方としっかりとコミュニケーションを取って、お互いを理解し合うことが重要です。気持ちの良いM&Aをすることで初めてそのメリットを受けることが出来ます。