企業を拡大させよう|M&Aのメリットを分かりやすく解説

紳士

事業統合による売上向上

異なる事業がM&Aを行うことによってシナジー効果が発生し、売上アップというメリットを享受することが出来ます。同時に大きいほうの事業が一方的な吸収をしてしまうとシナジー効果は発揮されません。双方の事業にとって対等な契約を締結するように気をつけましょう。

ビル

大きな利益を得るために

M&Aを行うメリットには、事業規模の拡大と事業拡大に必要な時間の削減が挙げられます。しかしこのメリットを受けるには気持ちの良いM&Aでなければなりません。仲介業者を利用し、相手方としっかりとコミュニケーションを取ることが重要です。

握手

成立まで費用0円で対応

M&Aを行うメリットは実にたくさんあります。後継者不足や早期リタイアを見越してM&Aを希望する創業者は増えていますがこれは逃げではなく攻めです。従業員の雇用を守り、取引先との末永い安定した取引を守ります。

企業買収で強固な会社を

ウーマン

同業他社の企業買収

M&Aの種類は様々なものがあり、その種類によってメリットも異なります。しかし、今回はM&Aの中でも同業他社の買収のメリットについて書いていきたいと思います。同業他社の買収は水平統合型のM&Aと言われています。それは既存事業を変更せずに、そのまま事業を拡大・統合させるM&Aの種類だからです。同業他社のM&Aのメリットとしては、自社の売上げをそのまま拡大することができるという点です。同業他社との関係が競合関係にあった場合は、買収することによって、無駄な競争を今後避けることが可能です。そのため、経営の効率化がはかれるといったメリットがあります。また、買収することによって規模の拡大が可能となるので、他の同業他社との競争に勝ちやすい素地が出来上がり、スケールメリットを活かしやすくなり、今後さらなるM&Aに繋げていくことも可能となります。また、会社の大切な資産である従業員にもメリットがあり、同業他社のM&Aだと、自分の今までの経験とスキルを活かせやすく、会社から見ても新たに教育する必要もないので時間の節約になるでしょう。異業種の事業の買収だと、経営を統合したり、事業のシナジーを発揮させるのに時間がかかるため、同業他社の買収は事業の拡大をスピード感を持って行うのに大変適した方法と言えます。もちろん今まで別々の会社が一つになるので、新たな企業体質に馴染めなかったり、合わない人が出てくるかもしれませんが、経営理念・経営方針をしっかり示すことで乗り越えて行けるでしょう。